会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

【ジュニアNISA】ダウ-1190ドル下落でも売却せずに当然買い増し

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20200227233437j:plain

米国株式市場は下落が続いています。

この記事を書いている今NYダウは▲1190ドルです(苦笑)

 

こんな状況でも2人の子供のジュニアNISAは株式を買い増ししていきますよ!

ジュニアNISAなので、当然売却しません!

株価下落でも今だけと思っていますので、長期目線でみれば必ず回復すると信じていますので、当然長期保有が前提です。

 

ジュニアNISA(長男)

購入履歴

2月25日 VOO 3株 296.72ドル (合計 98,327円)

2月26日 VOO 1株 291.44ドル (合計 32,225円)

NYダウ▲1000ドルの下落が始まった日から購入しています。

1月にVOO、VUG、AWKを今年の高値で購入していますので、保有銘柄としては現在含み損しかありませんね。

 

評価損益

AWK 6株 -11.82ドル  (取得価格 135.01ドル)

VOO 8株 -159.28ドル(取得価格 300.54ドル)

VUG 5株 -67.85ドル (取得価格 193.12ドル)

日本円で合計2.5万円くらいマイナスになっています。

 

しかも困ったことに、ジュニアNISA枠は投信のつみたて投資が年間12万円があと発生予定です。そうすると今年の残り枠はあと20万円分しかありません。

相場の動向をみて、持ち直してきたときに購入という計画にします。

 

ジュニアNISA(次男)

購入履歴

2月26日 VOO 3株 290.155ドル (合計 96,247円)

兄より安く購入できています。1月にも購入しましたが月末の下落時購入しているので評価損益はマシです(笑)

兄ちゃんごめんよー

 

評価損益

VOO 9株 -111.24ドル(取得価格 293.97ドル)

VUG 3株 -20.84ドル  (取得価格 187.68ドル)

 

日本円では1.3万円くらいのマイナスです。まだまだ許容範囲です。

 

しかし次男君の投資は、兄と別の方法にしようかなっとも思っているのです。

例えば、投信の毎日つみたて投資などどうだろうか?2年にかけてジュニアNISA枠を使うとかね。

兄と同じように投資していくのが良いのか、ちょっと変えてみようか?と検討中です。

 

まとめ

コロナウィルスが世界各国で感染拡大が広がり、先行き不安から売られすぎという声も聞こえてきますが、この株価下落の状況はもう少し続くのではないかと思っています。

 

そのためジュニアNISA枠は上限も限りがあるため、今回買い増ししましたが、一旦ストップし様子を見ます。

さらに下がったら購入を検討して今年のジュニアNISA枠を使いきるくらい購入しようとと思います。

 

それでは。

投資は自己責任でお願いします。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村