会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

年間36万円の配当金を得るためには投資資金1000万円必要?

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20191103091846j:plain

配当金。それは、資産を保有しているだけで毎回得ることができる不労所得です。

皆さんは一体いくらの不労所得を目指しますか?

毎月3万円、年間で36万円の配当金をもらうにはいくらの資金を用意すればいいのか?どんな銘柄に投資すればいいのか?

自分ならこうするな~という夢物語視点で記事を書きました。

※ここでは日本個別株を中心に記載しています。

 

年間36万円の配当を得るための条件

資金を準備する

まずは当然ですが、資金が必要です。

配当金をもらうためには企業の株主になる必要があるので企業の株を購入する「資金」が必要です。

この資金がない人はまずは貯金をしていきましょう。

 

そして貯金から最低生活防衛資金を除いた金額を株式投資に回すことが、資産運用を長く続けるコツです。

 

お金はいくら必要か?

では一体いくらの資金を用意すればいいのか?

私の計算では4%以上の配当利回りとして計算すると、配当手取り額は3.2%以上となります。

そうすると最低でも1,125万円以上の資金が必要な計算になってきます。

1,125万円 × 4% = 45万円

45万円 × 80%(20%は源泉徴収) = 36万円

 

どの銘柄を購入すべきか?

ここでは日本個別株を前提に考えます。

・配当利回りが4%以上

・過去から現在までの配当実績が安定していること

・将来も業績が伸びる恩恵がありそう、または業績が安定したしている

・キャッシュフローが黒字(または現金保有率が高い)

最低でも以上のことは考慮する必要があります。

 

配当利回り4%以上の銘柄構成

銘柄を一つに絞らず分散で検討

先の4つの前提条件をもとに銘柄を検討していくべきですが、各分野の個別株で10種類程度に分散し購入したほうが良いかと思います。

日本たばこ産業(JT)のように、今年度予想配当金154円、配当利回り6.3%(11月1日時点)というのもありますが、チャートでみるとこの3年は下落が止まりません。

売上も安定、本業のもうけを表す営業利益率は今期予想24%、キャッシュフローも黒字、EPSも直近では安定していますが、たばこ産業ということで先行き懸念が株価に表れています。

この銘柄だけ700万円分ほど保有していれば配当金は年間36万円をもらうことも可能ですが、株価がそれ以上に下がってしまっては正直メンタルが持ちません。

少なくとも分散して購入すべきでしょう。

 

投資総額は966万円必要!?

SBI証券のスクリーニングで検索

(記念配当は除く、予想配当金に幅がある場合は最低額で算出)f:id:balbal4:20191104094235p:plain

(単位:円)

私が調べた結果では直近4年間配当も安定していますし、そこそこ高配当銘柄です。

単年度的に業績の好調不調はあるでしょうが、大幅な減配が続くなどはなさそうです。 

 

ではこの銘柄をどれほど保有すればいいのでしょうか?シミュレーションしてみましょう。

保有株数と投資金額

f:id:balbal4:20191104094246p:plain

(単位:円)

税込配当総額は453,700円ですので、税引き後でも36万円残ります。

投資総額は966万円必要となります。

もちろん配当利回りが高い銘柄に投資比率を上げれば900万円以下でも可能ですが、今回はある程度均等になるようにした結果です。

三井住友FGやキャノンの金額が偏りすぎじゃないか!?と言う方もいると思いますが、そこは好みの問題もありますのでご承知ください。

しかしそれでも、キャノン、武田薬品、ソフトバンクなどグローバル企業も多くランクインしていますので、まだまだ成長の余地があり配当増はあると思っています。

 

まとめ

今回はスクリーニングから高配当銘柄を抽出し、業態を分散してランクインさせました。
結果的には名前が知れ渡っている企業が多くランクインしていますね。
分野が同じ中で、別の企業に入れ替える楽しさもあると思いますしそのあたりはお好みでどうぞ。

しかし10年後、20年後を考えると米国株の成長性、グローバル規模がさらに加速すると考えると日本個別株だけでこんな金額投資して長期で保有は無理かな?とも思いますね。

 

 

それでは。

ただし投資は自己責任でお願いします。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村