会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

みずほ銀行のマイレージクラブの特典改悪がひどい

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20191102144431j:plain

みずほ銀行のマイレージクラブの特典が2020年3月1日より変更になります。

この結果、私の取引内容の利用ステージではみずほ銀行から他行振り込み手数料無料特典はなくなります。

給与振り込み口座として毎月利用していましたが、これを機にもうやめようか検討します。

 

新しいみずほマイレージクラブ特典について

Bステージ(一番下)

f:id:balbal4:20191102145302j:plain

Aステージ(真ん中)

f:id:balbal4:20191102145358j:plain

 

Sステージ(一番上)

f:id:balbal4:20191102145449j:plain

私の現状のみずほマイレージクラブ特典

私は現在は会社からの給与・賞与受け取りをみずほ銀行で利用しています。

なぜみずほ銀行かというと、会社が最初からそうだったので、特に変更する必要もなかったので。

給与は振込後、住宅ローン引き落としのため専用銀行に資金移動、生活費や投信購入のためなど楽天カード引き落としがあるので楽天銀行に資金移動をしています。

そのため、月に2回は振込を実施しています。

で、現在はAステージにいる様子。Aステージは外貨預金があればなれるそうで、私は外貨預金残高数十円しかありませんが、そのおかげで現在月4回まで振込手数料が無料になっています。

 

しかしそれが、今回の改悪により私はAステージのままですが他行振り込み手数料無料の特典はありません!

これはイカン!振込するたびに手数料が取られてしまいます。

しかも他行へ3万円以上の振り込みは440円もかかってしまうのです。

これではもう給与振り込み口座を変更して回避するしか方法がありません。

 

給与振込口座の変更について

新入社員として入社すると、最初会社指定の銀行に口座を作ってそこに給与や経費精算を振り込むように言われます。その方が会社としては振込手数料がかからないのでそうするわけです。

しかし給与振り込み口座については、従業員が変更を申し出ることができます。

これが意外と知らない方が多く、会社も聞かれない限り説明しません。

給与振り込みは会社の便宜によるものなので、原則変更には応じなければならず、振込手数料等も会社が負担するべきです。

そのため、口座変更したい場合は自分の好きな銀行口座を申し出て、振り込み手数料ももちろん会社持ちで変更できるわけです。

「給与振り込み口座の変更」で検索すればいくらでも出てきますので、ぜひ参照してください。

 

まとめ

今回のみずほマイレージクラブ特典の変更を受けて、私も給与口座の変更をしようと思います。

当社はシステムの手続きだけでできるし、人事部の人たちもしっかり知識があるので、変更についてガミガミ言われることは決してありません。

こういったことについてはうちの会社ホワイトです(笑)

とりあえず振込手数料無料回数特典が多い、住信SBIネット銀行かソニー銀行が候補です。

ソニー銀行 : 振込手数料が5回まで

住信SBIネット銀行 :振込手数料が3回まで

現在の私のステージだとこんな状態です。

 

しかしみずほ銀行も顧客囲いのために、ライトユーザを切り捨て、ヘビーユーザーのみ取り込みに走った印象があります。

・マイレージクラブカード 年間100万円以上使用 

 → 楽天カードの方がポイントも高いし使いやすい、特典も色々

・投資信託など金融商品100万円以上の残高

 → ネット証券の方が商品も豊富、手数料も安い

・住宅ローンの借り入れ

 → ネット銀行の方が金利が低い

こう比べるとみずほ銀行を使うメリットがなくなってしまいますね。

ただでさえネット銀行とは便利さが解離している状況なのにこの改悪です。

みずほユーザーはこれを機に離れること間違いありません。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村