会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

稲毛海浜公園プールは子供が楽しめるプール

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20190723000148j:plain

小学生の子供が夏休みになったので、稲毛海浜公園プールに行ってきましたので今回はその紹介をします。

 

稲毛海浜公園プールとは

公式ホームページによると千葉市の施設みたいですね。

千葉市:稲毛海浜公園プール

今年はウォータースライダー、三連式スライダー、室内プールが中止となっていました。また隣接したいなげの浜へは出入りできません。

 

稲毛海浜公園プールへのアクセスについて

公式HPは以下の通りです。

【車の場合】
・国道14号・357号浅間神社交差点を海側へ曲がり、約2km直進し、海浜大通りを左折し約1km

【バスの場合】
・JR稲毛駅西口2番線バス乗り場より、海浜交通バス「海浜公園プール行」で終点下車、または「高浜車庫行」で終点下車徒歩5分

※稲毛駅のバスは10分間隔であるので一番便利だと思います。
・JR稲毛海岸駅南口2番線バス乗り場より、海浜交通バス「海浜公園入口行」で終点下車徒歩5分
・京成稲毛駅より徒歩10分の京成稲毛駅入口バス停から、海浜交通バス「海浜公園プール行」で終点下車、または「高浜車庫行」で終点下車徒歩5分

京成稲毛駅は歩くのでお薦めしません。

 

今回はJR稲毛駅西口から稲毛海浜公園プール行きバスで行きました。バスは始発駅なので座ることもでき、出発して15分ほどで終点到着。公園内のバス停から徒歩30秒でチケット売り場があります。

帰りも10分間隔でJR稲毛駅行きが出ていました。

f:id:balbal4:20190726213405j:plain

各種料金について

入場料

一般:1100円、高校生:800円、小中学生:400円、幼児:200円(4歳以上)

公営施設なので安いですね。

更衣室とコインロッカーについて

入場ゲートを入ると左手に男女共有ロッカーがあります。手前側ロッカーは100円、200円とありますが、ココは一度締めたら開けてもお金は戻りません。

もう少し奥になると400円と500円ロッカーがあり、そこは1日中開け閉め自由ですのでプール内にお金を持っていくことが心配な方にお勧めです。

両替機もありますのでコインの用意は心配いりません。

なお、女子更衣室は別途用意されていますし、共有更衣室にも試着室のようなカギがかかる個室がありますので着替えることが可能です。

レンタル料金などについて

ゲートに入って右手には、お菓子の販売やレンタル品の貸し出しがあります。

テント2000円、チェアー500円、浮き輪500円となっていました。

お菓子も売っていますが、ここは持ち込みOKですので地元のスーパーなどで買いましょう。ラッシュガードや水着もありました。

 

プール施設について

プールのエリア入ると目の前にウォータースライダーと三連スライダーは老朽化の為お休み中。右側にフロートスライダー(1人用と2人用の浮き輪で滑る)と、295Mの流れるプールがあります。

左手には25Mプールと50Mプール、ちびっ子が遊べる浅いプールがあります。

f:id:balbal4:20190726231528j:plain

休憩場所について

また、プールエリアの周囲はぐるっとだいたい備え付けの屋根とベンチがあるスペースです。ここにみんなテントを張っていました。我々は9時過ぎについて、12時には帰る予定でしたのでテントは用意しませんでしたが、猛暑の場合、暑さをしのぐ場所はないのでテントはあったほうがいいですね。今日は金曜日なのでテントスペースも空いていましたが、土日は激戦で朝一でないと場所確保が厳しいようです。

また少ないですが有料席もありましたが3000円か3500円くらいしました。

フロートスライダー

フロートスライダーは無料です。1人用と2人用の浮き輪を借りて滑りますが、身長120cm以上から滑ることが可能です。1人用の滑る入口は東京湾が一望できて素晴らしいです。

ちびっこ広場エリア

ちびっこ広場の方に行くとバケツから水が落ちてくる小さいアスレチックや、カニさん滑り台などもあります。子供も大人も入れますが滑り台は小学生低学年以下が対象の模様。

 

売店と自動販売機について

売店でジュースは200円でカップを買って飲むスタイルか、おかわり自由と書いてありました。また自動販売機もプール内にありまして、コーラが160円で売っておりました。また更衣室の上の階は、レストランになっていましたのでランチができるようです。しかし入っていないので味はわかりません。

 

まとめ

稲毛海浜公園プールは初めて行きましたが、千葉県民にはおなじみのプールのようです。広いし、色々なプールがあって、しかも安い!テントも食べ物持ち込みもOKとあって家族連れにはうれしい場所ですね。

 

それでは。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村