会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

お金を貯められる人はどうしている?お金を貯めるために実践すべき5つのこと

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20190723224708j:plain

お金を貯めたい!と考える人はたくさんいると思います。しかしその中でなかなか思うように貯まらない!と言う方もいるでしょう。

お金を上手に貯めている人は、どのような工夫をしているのか気になりますよね!

結論を申し上げるとお金の使い方を「意識」することが最も重要な要因と考えます。お金を意識した使い方で、ストレスを溜めることなく驚くほど貯金ができることもあります。お金を上手に貯めている人は、どんなことに取り組んでいるのか、まとめてみました。

 

お金を貯めるために意識して考えることが重要

何事も一度立ち止まって考えることが重要です。例えばあなたが仕事でプレゼン資料を作成してと頼まれた時、構成はどうしますか?相手に伝わるプレゼンをしなくてはと考えますよね。そのとき、ページの構成はどうしますか?

1:どうしたいか?

2:問題点を抽出

3:問題解決に向けた取り組み

4:その結果どうなったか

以上のような構成になると思います。これにお金を貯めたい!という目標に向かって取り組むと以下のようなことを考え、実践していく必要があります。

 

お金を貯めるためにはまず家計(支出)を把握する

当然ですがまずは1か月の支出がいくらなのか把握しましょう。どんなにずぼらな人でも、家賃、水道光熱費、通信費(スマホ、ネット)、保険料はだいたい支出額を抑えていると思います。それ以外の食費や交際費、生活用品やレジャー代が抑えられないのではないでしょうか?

2か月か3か月分でもいいので、過去の実績から大まか支出を抑えましょう。どうしても抑えられない人は銀行預金の残高から、収入があった日付から1か月経過したときいくら銀行残高があるか確認してみましょう。これで抑えることができます。

大まかでも結構ですので、支出を抑えたらそれを頭の片隅に入れて1か月生活してみましょう。結構細かいところまで抑えられると思います。

 

お金を貯めるために固定費を見直す

支出状況が把握できると、どの支出を削減できるのかわかりやすくなります。ここでまずは支出に無駄がないか意識して確認してみましょう。「住宅費」「通信費(スマホ、ネット料金)」「保険料」は固定費と呼ばれ大きく削減できる項目です。

住宅費はローンの借り換えなら、ローン残高1000万円以上、借り換え金利差1%以上だと借り換え検討をした方がいいと言われています。

通信費は生活に支障がなければキャリアスマホから格安スマホに変えましう。これだけで年間3万円~5万円近く削減できます。

保険料は本当に必要な分だけに絞りましょう。掛け捨てタイプと貯蓄ができるものがありますが、本当に必要なのか?必要ならいくらなのか?をしっかり考えてください。

ちなみに私は保険はあったほうがイイ派です!我が家は私が死んだら死亡保障がありますので、遺族年金と合わせて家族3人普通の暮らしができる程度はあります。また私立文系大学に進学しても授業料等4年間分くらいは賄えるだけの保証にしています。なので生活防衛資金以外はほぼ投資資金となっています。

なお余談ですが、とっておきは「車両費」の見直しです。週末たまにしか車に乗らないのでしたら一層のこと車は手放し、レンタカーやカーシェアリングの検討をお勧めします。これだけで年間38万円~50万円も削減できます。

f:id:balbal4:20190723231705j:plain

出典:JA共済HPより

自動車の年間維持費はどれぐらい?車種別にまとめてみた | JA共済

 

お金を貯めるために節約する

生活費の中で、無駄使いを減らすにはある程度節約を意識することが必要ですが、無理な節約はイライラして良くありません。自分なりの節約ルールを作って生活していくことが長く節約を続けるコツです。

それこそ、給料が入ったら先取り貯金として1万円でも2万円でもいいのでまずはとりわけて残ったお金で生活しましょう。その中なら使い切っていいと思います。

ちなみに私は、ネットでよく見るお弁当を持つ、水筒のお茶も持っていきません。仕事カバンが重くなるのが嫌だらかです。昼食はコンビニか外食ですし、缶コーヒーも1日1本買います。ランチの楽しみをいれてストレスにならないようにしています。

また、節約の一つとしてカード払い、〇〇pay払いを活用しポイントを上手に貯めることもお薦めします。

 

お金を貯めるためには先取り貯金と投資を同時にすること

お金を貯めることが上手な人は、貯金・投資バランスよく考えて同時に実践してお金を運用している人が多いと思います。もちろん貯金上手な人は数多くいると思いますが、貯金と投資を同時に実践している人は少ないと思います。

先ほども書きましたが、給料が入ったらまずは先取り貯金を別口座に移すことが大事。その後貯金が少ないなと感じる人ならば、毎月1万円を貯金、5千円は投資していくやり方で、生活防衛資金を作りながらコツコツ投資をしています。

投資は危険、怖いといった先入観があると思いますが、リスクをしっかりして一度にまとまった金額を投資するのではなく、10年20年といった単位で毎月コツコツ積立して、長期投資することでリスクを抑え、複利の効果で20年後、30年後、大きな効果が期待され大きく資産が増える可能性が高くなります。

なお投資におすすめなのは、投資信託で毎月一定額を投資していくことが一番効率良く初心者でも比較的簡単に実践できると思います。

 

それでは。

投資は自己責任でお願いします。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村