会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

SBI証券 米国株式最低取引手数料を0円に引き下げ 7月22日から

スポンサーリンク

 f:id:balbal4:20190712214751j:plain

7月9日、SBI証券が米国株式の最低取引手数料を0円(無料化)しました。従来米国株式を取引する場合は「最低5ドル」必要でしたが、その最低基準を無料としたのです。

f:id:balbal4:20190712214608j:plain

やはり無料とか0円と言う言葉はインパクトがありますね!今回は米国株式最低取引手数の引き下げついてわかりやすく説明していきます。

 

SBI証券の米国株式手数料は0.45%

SBI証券では従来米国株式取引する場合は、最低でも手数料が「5ドル」必要でしたが、その最低コストが撤廃されましたので、0.45%になりました。

ただし7月22日からですので注意!

f:id:balbal4:20190712214626p:plain

また上限は従来どおり20ドルで変わりはありません。今まで投資家はこの「5ドル」必要と言うところをケチっておりまして、約1111ドル資金を貯めてから米国株を購入するのが常識(?)でした。1111ドル=約5ドルの手数料ですので、手数料払うなら少なくても最低投資額は必要!というわけでして、手数料負けして悔しいというわけではない。しかしこれでわざわざ1111ドル貯めてから株を購入しなくてもよくなったわけです。

今後、100ドル(日本円で=10,800円)の米国株を買いたい時は0.45%の手数料(この場合0.45ドル=48.6円)を支払えば買うことができるようになりました。

日本株の購入方法と同じ基準になったので、月に数回取引する投資家にはうれしい限りですね。

 

手数料の上限は従来通り20ドル

米国株取引の上限手数料は20ドルで変更ありません。手数料負担が軽くなる分岐点は悪4,445ドル以上となります。

5000ドルで購入しても取引手数料は20ドルしか支払いませんので取引金額が大きくなればなるほどお得になるわけです。

 

ネット証券3社の米国株式最低取引手数料は横並び

そもそも最低取引手数料を最初に引き下げたのはマネックス証券です。7月4日、5ドルを「0.1ドル」へ値下げすると発表。その時点では「主要ネット証券の中では最安」と言われました。

しかし翌日5日、楽天証券が「最低0.01ドル」へ値下げを発表し業界最安値となりました(苦笑)楽天証券さんは水面下でこの情報をキャッチしていたのでしょうか?はたまた、マネックス証券の発表を受けて勢いで「それなら!」って感じでしょうか。ドラマがありますね。

しかしマネックス証券は7月8日に「0.1ドル→0.01ドル」とさらに値下げを発表。

しかししかし最後に登場SBI証券は「無料化(撤廃)」を発表したわけです。SBI証券さんもやりますね!どうせなら撤廃だー!となった経緯を知りたいです。

この結果、マネックス証券、楽天証券も最低取引手数料を0円にすることを発表し3社横並びとなりました。

f:id:balbal4:20190712214637p:plain

 

米国株式取引をするならSBI証券がおすすめ

この1週間程度で「最低5ドル」の手数料が一気に「0円」となりました。最低手数料が下がれば、手数料負けする損益分岐点が下がり、米国株も気軽に投資できるようになり、その結果投資家は取引しやすい証券会社に流れると思います。他会社はこれに追従しないと顧客を奪われますので証券会社としては死活問題ですが投資家としてはうれしい限りです。

これで米国株も投資しやすくなりました。米国株は1株から投資でできますので、コカ・コーラは1株52ドル(5,616円)、アップルは201ドル(21,708円)と日本の個別株より購入しやすくなっています(むしろ日本もそうして欲しい)

また、米国株取引をするならSBI証券をお勧めします。その理由は米国株を購入するには基本は日本円を米ドルへ変える必要があります。そのとき必ず為替手数料が発生しますが、SBI証券と連携している「住信SBIネット銀行」はこの米ドル為替手数料が1ドルあたりたったの4銭と業界最安です。

f:id:balbal4:20190712223915j:plain

住信SBIネット銀行で日本円から米ドル替えて、SBI証券のHPから「外貨入出金サービス」で入金(入金手数料はもちろん無料!)することができます。入金は即自反映されますので、ストレスなく米国株式が取引できます。

 

今ならマネックス証券は為替コスト0円のキャンペーン

一方マネックスは外国株式の取り扱いはNo1の3300銘柄を取り扱っています(ETF含む)。2020年1月7日までは為手数料が無料ですので、こちらもお薦めです。

f:id:balbal4:20190712214618p:plain

 

それでは。

投資は自己責任でお願いします。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村