会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

名古屋港水族館でイルカショーやシャチを見て楽しもう

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20190113204117j:plain

balbal4です。令和元年最初の記事になります。

4月は仕事が忙しかったのと、体調崩したり、子供の進級のことで色々ありまして正直投稿できていませんでした。

5月は元号も令和になり、心機一転頑張りたいと思います。

さて、GW10連休の前半は名古屋方面へ旅行に行ってきましたので、今回はそのお話を書きます。

名古屋では子供と一緒にいくなら、レゴランド、東山動物園、名古屋港水族館、リニア博物館など色々あります。今回は、名古屋港水族館へ行ってきましたのでその紹介をしたいと思います。

GWまだお出かけできていない人、日帰りでどこかに行きたい人にもお薦めできるスポットです。

 

1.名古屋港水族館はどんなところ?

公式HPはこちら

名古屋港水族館へ世界中の海の仲間に会いに行こう!

今回はお目当ての、イルカショーやシャチのトレーニングショーを見に行きました。メインプールは長さ60m、幅30m、最大水深12m。3,000人収容のスタジアムと、とにかくでかいことで有名です。

ショーのプールは3階がスタジアムで、2階の水族館内では、水中での動きもみられるようになっていて迫力があります。さらにメインプールの横にはサブプールも併設されているので、ショーをしていないイルカやシャチも真近でみられるところがスゴイです!

また白イルカのベルーガや、鯨やシャチの標本もあり大きさを体感することができます。

 

2.料金

個人料金は水族館のみだと以下の通り

大人  2,000円

高校生 2,000円

小中学生1,000円

幼児(4歳以上)500円

それとは別に近くにある、南極観測船ふじ、展望室、海洋博物館などのセットでのチケットも販売しています。

 

3.アクセス

電車で行く場合、最寄り駅は名城線終点「名古屋港」駅になります。

名古屋駅から

・地下鉄東山線「栄」駅乗りかえ、名城線金山方面(左回り)「名古屋港」行き、終点「名古屋港」駅下車(3番出口)徒歩5分

・名鉄・JR「金山」駅下車、地下鉄乗りかえ、名港線「名古屋港」行き、終点「名古屋港」駅下車 (3番出口)徒歩5分

セントレア(中部国際空港)から

・名鉄常滑線「金山」駅下車、地下鉄乗りかえ、名港線「名古屋港」行き、終点「名古屋港」駅下車(3番出口)徒歩5分

 

車の場合は以下のHPを参照してください

お車でお越しの方へ

f:id:balbal4:20190503231819j:plain

 

4.おすすめ情報、ショーは開始30分前に行くべし!

今回はGW前半4月28日(日)のお昼過ぎに入館しましたが、10分前でもスタジアム後方で座ることができました。30分前でしたら好きな席に座って見ることができると思います(水をかけられる席もあるよ!)

ただ今年のGW後半は天気がいいので私が行った時より混むかもしれませんね・・・。

夏休みはまた別の話になりそうです。

 

5.周辺の情報(食事など)

水族館の中には南館に、レストラン「アリバダ」とフードコート「トータス」があります。またメインプールにはアイスクリームやジュース、ポテトなど軽食などの売店もありますので、お昼や遅い朝食にも対応できます。ただしレストランは並ぶこと必須ですので注意しましょう。

また、地下鉄「名古屋港」駅から水族館へ歩く道中にJETTYという施設があり、そこも名古屋名物寿がきや、きしめん、みそかつなどが食べられるフードコートがあったり、カフェレストランもありますので、水族館のお昼はちょっと高いし並ぶからな~?っという方にはお薦めです。

食事&買い物&アミューズメントなら「JETTY」

  

6.まとめ

入口入ってすぐが北館でして、メインプールがある館になります。イルカショーやシャチのトレーニングはこちらで、子供も観て楽しいと思います。

しかし南館にはそこから歩いていくのですが、ちょっと遠い(と感じる)。ペンギンや、亀、深海魚などいるのですが、うちの子は興味がないようで、疲れたから早く帰ろうしか言わなくなりました。

おすすめは、イルカショー見て、南館を回って、戻ってシャチのトレーニングショーをみて帰るという3~4時間プランがちょうどいいのではないかと思います。

ここは再入場もできますので、午前中のすいている時間帯に色々見て、お昼にいったん外でお昼食べて、再度入場してショーを見る。というのもいいかもしれません。

 

それでは。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村