会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

アラフォー会社員もバレンタインでチョコをもらいたい話

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20190212232424j:plain

こんばんは、balbal4です。

明日はバレンタインデーです。

タイトル読んで「アラフォーおっさんが、何なめたこと言ってんの?」って思うでしょうが、ちょっと誤解があります。

私の職場では女性社員が毎年男性社員にバレンタインにチョコやお菓子を渡しています(もちろん義理ですよ!)

別に強制ではなく、やめてもいいと話したこともあるのですが、「日ごろお世話になっているからいいんです!」と言っていただき現在まで続いております。

今回はそのバレンタインについて、アラフォー男性からみた視点で書きたいと思います。

 

アラフォーサラリーマンに何を渡すと喜ぶのか?

そんなバレンタインですが、どうせ渡すならアラフォー世代サラリーマンが喜ぶお菓子を渡すのがいいと思います。

結論から言いますと、渡すお菓子なら何でもいいです!

値段とかは全く関係ありません。

我々男性陣はもらえるだけでうれしいのです!

10個セットのチョコを買ってそのバラの一つを配るだけでもいいんです!

 

また、チョコじゃなくておせんべいとか、クッキーのほうが年配の人は食べやすいし喜ばれるかもしれませんね。

 

既婚者にもチョコをあげてもいいの?

結論、全く問題ありません。むしろ積極的に渡しましょう!

理由は、会社で数人からチョコもらうと旦那さんはそんなに全部食べることはできません。結果的に家に持ちかえって奥さんに渡す人が多いでしょう。

うちはもらったチョコやお菓子は妻が喜んで食べてくれます(私はチョコは少しでいい派)。

また、バレンタインで何ももらえないと「あなた会社で嫌われてるの?」とそれはそれでいらぬ心配をされますので、チョコ貰えるってことは会社でしっかりやってるよ!というアピールにもなります。

(バレンタインも本当はこんな奴にあげたくないけど、周りがやってるから嫌々やってる人いるかもしれませんがね・・・)

 

既婚者には渡すときはその方の奥さんをターゲットにする

バレンタインを上げた場合、常識ある人なら必ずホワイトデーにお返しがあります。

このお返し、私の感覚では普通はもらった以上の金額で返すのが当たり前になっているような気がします(苦笑)

そう考えると、バレンタインで渡すチョコなどは男性その人が喜ぶものよりも、その奥さんに喜ばれるチョコを渡すのがお勧めです。

既婚者の場合ホワイトデーのお返しを購入するのはだいたいその方の奥さんです。

私の上司達(50歳以上)は3名とも奥さんが購入しているそうです。

何故かって聞いたのですが、もらったことをしっかり奥さんに伝えて現物を見せないと、やましいことをしていると思われるのが嫌なんだそうです(笑)

もらってオープンにすることで、何も悪いことしてないよ!だからお返しもお任せしますよ!ってアピールだそうです。もちろんもらえる自慢もあるようですが(苦笑)

 

そうしますと奥さんも旦那さんが会社で恥をかかないように、しっかり吟味してお返しを選びます。間違いないです(笑)

例えチロルチョコ10個を100均のラップでくるんだものでも、お返しはになってくると思います。

ちなみに独身者に渡しても、独身者男性はお金持っていますのでしっかりオシャレチョコを購入してくるようになっていますのでご安心ください。

 

まとめ

以上のように、お返しを期待した打算的な考えでもいいですし、本当に日頃のお礼でもいいのでバレンタイン、是非渡してあげてください。

本来はバレンタインってこういうものじゃないと思いますが、義理チョコ当たり前になっている以上せっかくなら投資に対し、リターンを求めてもいいと思います。

私は頂けるなら何でも喜んで貰います!

ちなみに、私はチョコより水羊羹とかゼリーが大好きです。

 

それでは。