会社員の資産運用ブログ

会社員が投資信託(米国寄り)をメインに資産運用していく話。現在資産1000万円運用中。お金の役に立つ話や、子供のこと、日常の出来事も記載していく予定。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)で低コストで全世界への分散投資が人気!

スポンサーリンク

f:id:balbal4:20190207000249j:plain

 

業界最低水準の信託報酬を目指すファンド、それが三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズです。

「1本のファンドで世界の複数の資産に分散投資をしたい」という投資初心者や、「投信って色々あるけど結局何を買ったらいいの?」と悩む方、「リバランスなどの管理が面倒!」と思っている方にお勧めなのがeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)です。

つみたてNISAにも適用されている少ないバランス型インデックスファンドでして、資産運用を行う上で難しい個別資産の選択や資産構成の見直しといった手間がいらないため人気があります。

ファンドオブザイヤー2018では第5位を獲得しており、セゾン投信を抜いて投信ブロガーからも評価が高いファンドですが、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の内容と評価を確認します。

 

1.eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の基本情報

 (1)ファンドの特徴

 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場など、各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果を目指した運用を行います。

f:id:balbal4:20190119091204p:plain

f:id:balbal4:20190119091242p:plain

 

(2)投資先の資産と構成比率

 f:id:balbal4:20190204010011p:plain

(2018年12月の月報より)

株式、債券、不動産と8頭分に分かれています。

 

(3)ファンドの仕組み

f:id:balbal4:20190204010330p:plain

各資産のマザーファンドへの投資を通じて、投資をするファミリーファンド方式をとっています。

 

(4)手数料と運用管理コスト

購入時手数料   0円(ノーロード)

信託財産留保額  0円(無料)

信託報酬           0.17172%(税込)

実質コスト    0.278%(運用報告書より)

※運用実績では、当時信託報酬は0.219%、隠れコストは0.059%でした。

ただし2017年5月9日~2018年4月25日までの350日で計算されております。

信託報酬は投信販売後徐々に値下げされましたので、次回の年間運用実績実質コストは0.2332%まで下がるのではないかと考えます。

 

(5)ファンド設定日と運用期限

設定日  : 2017年5月9日

運用期限 : 無期限(償還なし)

決算日  : 4月25日

分配金  : 原則抑制の方針

 

2.eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の運用実績

(1)騰落率

f:id:balbal4:20190204011453p:plain

f:id:balbal4:20190204011605p:plain

各資産の騰率は上記の通りです。債券・不動産といった資産クラスがファンド全体の損失を抑えており、結果ベンチマークより良好となりました。

(2018年12月の月報) 

 

(2)基準価格と純資産額

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) | eMAXIS

純資産額は発売から順調に増加し続けており、12月のクリスマス大暴落で一時流出がありましたが、それもすぐに資産流入になりすでに200億を超えております。

 

3.その他情報

(1)つみたてNISAとiDeCoの対応について

・つみたてNISA  :対応済

・iDeCo    :対応済(SBI証券、マネックス証券)

(2)購入できる主なネット証券会社について

販売している銀行や証券会社は多数ありますが、私は口座管理手数料が無料であるネット証券をお勧めします。

・SBI証券

・楽天証券

・マネックス証券

・松井証券

 

 4.まとめ

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は低コストで投資先がシンプル!というところにつきると思います。

 

バランスファンドは他の運用会社からも色々販売されており、iFreeシリーズやたわらノーロードといった均等割りで投資するファンドも多数あります。しかしどうせなら運用管理費用が低いファンドで投資・運用したほうが良いに決まってますので、このeMAXIS Slimシリーズは人気があります

 

またこのファンドは、株式・債券・不動産について世界に分散投資をしています。ご存知のように値動きの異なる資産に分散して投資を行うことにより、資産全体の値動きを安定化させ、リスクを低減させることが期待されます。

このファンドを購入する年齢層は不明ですが、投資に興味はないけどしないといけないかな?って思った子育て世代か、50代の方が多いような気がしますね。

 

以下の図は過去の利回り実績を順位化したものです。

 

f:id:balbal4:20190204013959p:plain

 

出典:三菱UFJ国際投信のHPより

 

決して、1位をとらないし最下位をとらない地味な利回りです(当然ですが)

そんな地味さが長期にコツコツつみたて投資していくには必要ですので、長く付き合えるファンドの一つだと私は思います。

 

それでは。

投資は自己責任でお願いします。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村