会社員の資産運用ブログ

会社員が米国株をメインに投資している話。お金の話や、子供のこと、日常の出来事も記載していく予定。

日本人と米国人の家計の金融資産を比べてみた!

スポンサーリンク

こんばんは。balbal4です。

今日は日本人のお金の国民性について興味があったので調べてみました。

 

f:id:balbal4:20181123003902j:plain


2018年8月14日に日本銀行調査統計局が公表した「資金循環の日米欧比較」によると日本の家計の金融資産は1,829兆円だそうです。

 

人口は1億2645万人なので、一人当たり平均金融資産は1,446万円となります(マジか!そんなにない!)
そのうち、現金預金が約52%を占めているそうで、まあ多いだろうと思っていましたので予想通りでしたね。


一方、投資資産は株式・投資信託で約15%、およそ274兆円となります。

残り35%が保険・年金ということなのですが、世の中これだけ「貯蓄から投資へ」と動いている状況からするとまだまだ少ないかな?って思うんですよね。

 

資産を増やすより減らしたくない意識が強いんだと思います。(それはわかるがそれではやっぱり増えないぞ!と言いたい)

堅実なのはいいことですが、「投資=損」というバブル期の悪いイメージが残っているという話も聞きます。

ただ一方で、明治~第二次大戦までは日本人は投資好きだという話を聞いたことがあります。
戦後、政府が貯蓄を奨励し、貯金が増えたのだとか。

 

一方の米国は、金融資産は81.7兆ドル(1ドル113円の場合、9,232兆円!)で、日本のおよそ5倍!さすが世界のお金持ちが集まる国ですね。


そのうち、現金預金はたったの13%(1,200兆円)、株式・投資信託で約48%(約4,431兆円)。
株式・投信についてはなんと日本の9倍差!なんて投資好きなんだ!

 

しかし、好きとかではなく、教育にあるそうですね。


アメリカは子供の時から金融教育を受け金融リテラシーが高いと聞きます。

 

そのため株式投資は当たり前であって、しかも自分の国にしか投資をしない(笑)

まあ、そうですよね!世界経済を回しているのは米国ですから。自分の国が一番!

その他の国の経済なんて大して興味ないし~って感じなんでしょう(←これは自分の思い込み)

 

でも自分が日本人で、日本が世界経済のTOPを走っていたら、そんな考えになるんでしょうかね~

 

ブロガーの皆さんの力で、世の中にもっと投資に興味をもってもらい、つぎの公表時には資産の20%は株式・投資信託にしたいですね!

 

それでは。

 

 

 最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]