会社員の資産運用ブログ

共働き会社員パパが米国株中心のインデックス投資信託で資産を増やす話。現在資産1100万円運用中。お金の話を中心に、子供のこと、日常の出来事も記載しています。

資産運用

米国へ投資するなら投資信託か米国ETFどちらを選択するべきか

今回米国への投資は投資信託にすべきか、ETFにすべきか、自分の中の投資方針を把握し、自分の中で結論を出してみました。

年間36万円の配当金を得るためには投資資金1000万円必要?

毎月3万円、年間で36万円の配当金をもらうにはいくらの資金を用意すればいいのか?どんな銘柄に投資すればいいのか?

2019年10月資産運用実績報告(前月比+31.6万円)

2019年10月の資産運用実績を公開します。SPYD、VYMの追加購入や先進国・米国株式の投資信託含み益増加により前月比+31万円増加

SBI・バンガード・S&P500の勢いがスゴイ!

SBI・バンガード・S&P500、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)それぞれ純資産額から比較しました。

つみたてNISAを開始して資産は順調に増えている

つみたてが始まってもうすぐ2年が経ちます。 2018年の制度開始から株式相場は不安定でしたが、ここに来て上昇傾向になっています。ということは、愚直に積み立てていた人は、下落時もしっかり積み立てていたはずなので、含み益が出ているのではないでしょう…

つみたてNISAの期間延長を政府が検討!20年間のつみたて期間を確保

航空機の需要は2038年までに今の2倍に。その需要を支える航空機リースについて記載しました。

電力会社は高配当銘柄か?原発リスクや燃料高騰リスクが懸念!

昔は安定の高配当銘柄だった電力会社。今はあまりクローズアップされていないのでは?と気が付きました。

2019年9月VYMからの配当金1,214円!年間増配率10%が期待できる?

9月30日に、VYM(バンガード 米国高配当株式ETF)からの配当金1,214円が入金されました。 6月からの増配率は25%になっており、この調子だと年間の配当額2.92ドルと予想されます。

2019年9月の株主優待一覧

保有銘柄から9月の株主優待でもらえるものを紹介。9月は2つしかありません

つみたてNISAで20年経過直前に大暴落が来たらどうするのか?対処方法を紹介

つみたてNISAで18年目に株価大暴落がきたらどうしたらいいのか?今回はその対処方法と考え方を紹介します。

2019年9月 資産運用実績報告(前月比+60.8万円)

2019年9月の資産運用実績を公開します。SPYDの追加購入や先進国・米国株式の投資信託含み益増加により前月比+60万円増加

リーマンショック級の暴落が来たら資産は半分になる

現在の米中貿易摩擦の進展が見えない状況や、景気後退がささやかれている中でも株価は上昇しておりNYダウもS&P500も再度史上最高値を付ける射程圏まで来ています。 この状況から景気後退が一気に襲いリーマンショック級の危機となった場合、自分の資…

2019年9月 SPYDからの配当金入金実績

9月26日に、SPYDより配当金入金がありました。 米国ETFを購入して初めての配当金です。 SPYD分配金実績 2019/09/20 SPYD 0.447676ドル/1株 SBI証券の配当利回りは4.48%となっています。 実際の入金は、2019/09/26 入金 15株 4.86ドル でした。 配当利回り…

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を超えるか

SBI・バンガード・S&P500)が、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を超えられる人気商品となりえるのか調べてみました。

資産形成は必要と思っても行動しないと意味がない!

投資についてのアンケートについての情報をまとめてみました。 想いだけでも願いだけでも資産は増えません。行動あるのみ。

【米国ETF】SPYDを10株追加購入しました

VYMとSPYDをで最適なポートフォリオを構築するため今回SPYDを追加購入しました。

投資信託で運用利回り5%も可能?10年実績では10%超も!

年間利回り5%で運用することは不可能ではありません。中・長期的なら5%の利回りは狙うことができます。今回は投資信託で運用利回り5%を狙う方法を紹介します。

2019年8月 資産運用実績報告(前月比△24万円)

2019年8月の資産運用実績を公開します。資産全体では下がりましたが、日本株投信は売却し米国ETFの購入にシフトしました。

大学の学費はいくら?学資保険とつみたてNISAで比較

子供が大学まで進学して就職するのが一般的な現代、大学の学費は一体いくらかかるのか?そしてどのように準備すればいいのか?学資保険とつみたてNISAで比較します。

SBI証券のジュニアNISAにeMaxis Slimを選んだ理由

ジュニアNISA口座を開設できました。今回、二人の子供にどの投信を購入していくのが一番いいのか?私なりの考えで決めてみました。

【米国ETF】VYMとSPYDを組み合わせた最適なポートフォリオを構築する

私は投資信託の楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を毎月、つみたてNISAと通常口座で積み立て投資をしているインデックス投資家です。 しかし、米国ETFのキャピタルゲインとインカムゲインが狙えるETFも魅力的と思いましてちょっと購入してみよ…

投資信託の資産運用は長期・積立・分散を愚直に実施せよ

投資信託の資産運用は長期・積立・分散を淡々と実施することです。なぜなら今のような相場では安く購入でき、複利の効果を最大限に発揮してリターンの最大化を図れるからです。

米国株と米国ETFの株価をチャートで比較する方法を紹介

今回は、米国株、米国ETFの株価をチャート図で比較するサイトとその方法について紹介します。

【楽天VT】楽天・全世界株式インデックス・ファンドの評判は

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは世界47カ国の株式市場へ投資する米国ETFのVTに投資をするインデックスファンドです。しかし第一回決算報告で利回り、コストについて予想を下回る結果となってしまいました。その内容について解説します。

新社会人は投資信託の積み立て購入で資産形成をするのがおすすめ

新社会人から始める資産形成は、少額からコツコツ積立投資ができる投資信託をおすすめします。 その理由や投資資金をためるコツ、お薦め証券会社などをご紹介します。

【投資信託】インデックスファンドはアクティブファンドより優秀

投資信託で長期に積み立て投資するなら「インデックスファンド」と言われるのが今や常識です。ではそれは本当なのか?改めて検証してみます。

【米国ETF】SPYDよりVYMを購入した理由(2019年8月)

今回の株式市場下落を受けて前々より狙っていた、米国ETFを購入。配当利回りが高く、値上がりも期待できるバンガード社のVYMを10株購入しました。SPYDとの比較した結果も書いています。

楽天VTIを5万円買い増ししました!(2019年8月)

今回の株式市場の混乱に乗じて、楽天証券の楽天VTIを5万円だけ追加購入しました。

豪ドルは今が買い時か?長期的に見れば今後は上がる可能性大

現在豪ドルが72円台と下落が続いています。現在の72円は2012年6月以来6年ぶりの低水準です。では、現在の豪ドルは買い時なのか見ていきたいと思います。

40代からの資産運用でも遅くない!おすすめする3つのポイント

40過ぎても「資産運用なんてしたことないし」、「無理」とか「もう遅い」という人もいますが、いやいや全く遅くありません!その理由を紹介します。